「いまを生きる」勇気

三児の母。不登校児を連れて宮古島へ旅に出たり、大きなイベントを企画したり。その度に自分の弱さをみつける。そんな私の「成長しない」日々を綴る。

久しぶりの教育を語る場

ここ3年間くらい、教育を語る場から距離を置いていた。ずっと、自分に潜り込みたくて、自分を探求していくことに時間を費やしていた。 結果、自分の好きなことや興味のあることを潰してみて、続くことや変化することや、すぐに飽きることなどが少しずつ、わ…

初めての哲学対話

先週の10/5(土)に、哲学対話に参加してきました。主催者のかなこのブログは https://ameblo.jp/aisiruko/entry-12534448752.html 自分だけの感想を述べると、モヤモヤしたし、イライラもしたかなぁ…。なにが?どこで?と問われると、答えられるけど、まとめ…

私の愛知トリエンナーレ

10/8(火)になって、初めてトリエンナーレ作品に触れる。しかも自分で見つけてきたのではなく、AV監督の二村ヒトシさんが同じAV監督仲間の作品だから、すごく観たかった!けど、東京に帰らなきゃいけないから、観られないと残念そうにしていた…という理由で観…

二村ヒトシさんとの二日間

終わっちゃった。あぁ。 夢のような二日間でしたよ。憧れの二村さんはとてもキュートな男性でした。 改めて対話講演会に参加してくださったみなさま、ありがとうごさいました。突然の理由で来れなかった方、気にしてくださった方も含め、多くの方に支えてい…

講演会主催の気持ち

ついこの間、初めて話す人に講演会主催履歴について自慢してたら、こう聞かれた。 「講演会って、どうやってやるんですか?」 饒舌な私がうっかり黙って、軽くパニックになる。むむむ、どうやって?考えたこともなかった!だって、呼ぶ人はそれぞれ出会い方…

相棒、乗り換えました

いつかそういう日が来る そう、おぼろげに考えていた。 今までの相棒とは、長男次男長女の3人と共に生きてきた。私も全身全霊で子どもたちの成長を心から願い、こいつは相棒としてなくてはならない存在だと切に感じていた。雨でもレインコートを被り、風が強…

卒業式と「やっかみ」と…母のわたし

わが子は、福井県にある自由な学校「かつやま子どもの村小中学校」に通っている。先日、その卒業を祝う会が無事に終わった。 それはそれは、毎年だけど、ホントに素敵なの。 でも、今回はその学校のことじゃなくて、そこに子どもを託した母たちの、いや、私…

不登校児、その後

どれくらい、更新してないのだろう… 個人的にスリリングな人生を送っているが、公開できるような話でもない笑 っつうワケで、なかなかおもしろい話題を提供してくれる次男について。 【簡単に彼の不登校経歴】 小学1年夏:不登校開始 小学2年夏:母子宮古島旅…

久しぶりに熱くblogを綴りたくなった❷〜しまね留学〜

久しぶりに熱くblogを綴りたくなった❶〜しまね留学〜 - 「いまを生きる」勇気 からの、つづき いや、どうしてもうまく説明ができる自信がないっす。 なぜかというと、理屈ではない熱い想いを感じたから。 「しまね留学」合同説明会の前に、島根県の担当職員…

久しぶりに熱くblogを綴りたくなった❶〜しまね留学〜

6/18(日)、名古屋駅で「しまね留学」の説明会に参加しました。 あー!!! 魅力的だったし、感動した!!! 何が?いや、ちゃんと伝わるかな?いや、伝えたい! 今までの私は、 公教育に諦めを感じてた。 お金を払ってでも、いい教育を探していた。 実際に見…

子育てしない子育て論

久しぶりに小さな子どもを育てるお母さんに、自分の子育てを話した。 「いろいろ勉強したし、講座やセミナーに行ったけど、結局、自分の子どもが自分の思い通りに育つ、という思い込みを手放すことだけが、大事だった。」 と話していた。12歳、8歳、4歳のま…

執着

昨日、実家の両親と話してから、大きな気づきがあったので、書き残す。 私は子どもに対して、【執着】があった。 『こんな子に育って欲しい』 と。なので、とことん執着してみた。長男なんかは、かなり私の望む教育の道を歩んでいる。次男はその理想をぶっ壊…

不登校児の母、稼ぐ!

さてはて、大事なお知らせです。 【子どもの不登校】と【母の幸福度】は、なんの関係もありません。 というわけで、母の私は『自由に稼ぐこと』を選択します。 子育ての悩みは尽きない。教育もなかなか変わらない。育児の正解はないことを頭で理解していても…

本日、登校…私が。

不登校の次男が3年生になって、初めて学校に行った。あ、母の私が。 担任の先生に挨拶。中年の男性で、気さくなベテランらしい落ち着きで対応してくださり、安心してわが子の状況をお話しできた。これまでの先生にも、ママ友にも、不登校であることを非難さ…

本日、入学式。

長男の学校、「かつやま子どもの村小中学校」の入学式。 中学生になった長男他、小さな身体のかわいい小学1年生もいる。かわいいな。 年々入学式で登場する新入生が、増えている。こんな学校の必要性が、世の中にどんどん広がっているように思う。 学園長・…

今日から新学期!?

お昼頃、学校の先生から連絡があった。 そこで、あ、今日から3年生だ!と気づく私。 丁寧に挨拶していただき、後日面談で今後の方針を決めて行きましょう、と新しい担任の先生。そして、次男に伝える。 「1日も学校行かないうちに、今日から3年生でーす!」 …

ゆるい虐待

ぎゃ〜!!! 昨晩、自分のやってきたことに驚いて泣けてきた。 私は同じ母親として、子どもをコントロールしようとする人を軽蔑してきた。そう、私は、子どもを監視して命令して、子どもの心に寄り添えないような親を見ると、心の中で❌をつけていた。 あー…

育児・保育・教育を学びすぎた私

なんとなく生きた心地のない寂しさを抱えた思春期を過ごした私は、20代のころ、結婚願望がなかった。結婚が幸せになるルートと思えなかったから。でも、子どもに関わる仕事に就いて、コミュニケーションも学び始めたころ、変化が生まれた。 あ、私、不完全な…

次男が学校に行ってみて…

一昨日は久しぶりに、次男が学校に行った。 shino-bu.hateblo.jp 「4月から学校に行く?」と私。 「いや、いい。」と次男。 ま、そうだよね。 自分の中で、いろんなこと想いが巡る。 公教育に対しての不満を抱えて、市長に手紙を書いたこともあったし、スク…

次男が学校に行った

2年生が今日で終わった。 2年生になって、一度も学校に行かなかった次男が、今日は最後だから、と言って誘うと一緒に来た。ちょっと意外だったけど。 学校に着くと担任の先生はもちろん、2年生全クラスの先生、校長、教頭、養護の先生、1年生のときにの担任…

かつやま子ども村小中学校の理念

長男の通う学校「かつやま子ども村小中学校」(福井県)の元祖「きのくに子どもの村小中学校」(和歌山県)の紹介映像です。とてもわかりやすいです。是非! m.youtube.com m.youtube.com

かつやま子どもの村小学校・卒業式

今日は長男の卒業式… いろいろ伝えたいことがあるんだけど、長くなるから、お会いできたときに熱く、いや暑苦しく、語ります。時間のない人は、うっかり聞かないようにしてね。 長男が公立小学校3年生のとき、 「学校に行きたくない。」 と言いだした。私の…

新しいイベントのカタチ⑧

《目次》 ⑴西野さんを長久手にお招きしたかったワケ ⑵コミュニティ形成のイベントづくり ⑶イベント計画段階で、発揮した力 ⑷イベントを開催するにあたり、気をつけた“ない”こと ⑸ゲスト選びと参加者選び ⑹当日の参加者の動き ⑺イベントの後で・・・(←いまコ…

新しいイベントのカタチ⑦

《目次》 ⑴西野さんを長久手にお招きしたかったワケ ⑵コミュニティ形成のイベントづくり ⑶イベント計画段階で、発揮した力 ⑷イベントを開催するにあたり、気をつけた“ない”こと ⑸ゲスト選びと参加者選び ⑹当日の参加者の動き(←いまココ) ⑺イベントの後で・・…

新しいイベントのカタチ⑥

新しいイベントのカタチ① - 「いまを生きる」勇気 新しいイベントのカタチ② - 「いまを生きる」勇気 新しいイベントのカタチ③ - 「いまを生きる」勇気 新しいイベントのカタチ④ - 「いまを生きる」勇気 新しいイベントのカタチ⑤ - 「いまを生きる」勇気 《目…

新しいイベントのカタチ⑤

新しいイベントのカタチ① - 「いまを生きる」勇気 新しいイベントのカタチ② - 「いまを生きる」勇気 新しいイベントのカタチ③ - 「いまを生きる」勇気 新しいイベントのカタチ④ - 「いまを生きる」勇気 《目次》 ⑴西野さんを長久手にお招きしたかったワケ ⑵…

新しいイベントのカタチ④

新しいイベントのカタチ① - 「いまを生きる」勇気 新しいイベントのカタチ② - 「いまを生きる」勇気 新しいイベントのカタチ③ - 「いまを生きる」勇気 《目次》 ⑴西野さんを長久手にお招きしたかったワケ ⑵コミュニティ形成のイベントづくり ⑶イベント計画段…

新しいイベントのカタチ③

新しいイベントのカタチ① - 「いまを生きる」勇気 新しいイベントのカタチ② - 「いまを生きる」勇気 《目次》 ⑴西野さんを長久手にお招きしたかったワケ ⑵コミュニティ形成のイベントづくり(←いまココ) ⑶イベント計画段階で、発揮した力 ⑷イベントを開催する…

新しいイベントのカタチ②

新しいイベントのカタチ① - 「いまを生きる」勇気 つづき 《目次》 ⑴西野さんを長久手にお招きしたかったワケ(←いまココ) ⑵コミュニティ形成のイベントづくり ⑶イベント計画段階で、発揮した力 ⑷イベントを開催するにあたり、気をつけた“ない”こと ⑸ゲスト選…

新しいイベントのカタチ①

描き出さなくては。あの、イベントのことを。 いきさつからイベント後のことまで語ると、一冊の本ができちゃうんじゃないかってくらいエネルギーを注いだ、あのイベントのことを。 みなさまのおかげで、2/5(日)、大きなイベントが終了したしました。事故・怪…