読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「いまを生きる」勇気

三児の母。不登校児を連れて宮古島へ旅に出たり、大きなイベントを企画したり。その度に自分の弱さをみつける。そんな私の「成長しない」日々を綴る。

宮古島生活〜ゲストハウス宮古島④〜

宮古島生活〜ゲストハウス宮古島編〜

同じ宿で一週間過ごすと決めたことで、こころがホッとしたのか気が緩む。

 

そうしたら、なんだか寂しさがこみ上げてきた。『夫や長男と一緒に過ごしたいな』とか『名古屋や長久手のみんなはどうしてるかな』とか。何より、毎日のように

 

「帰りたーい!」

 

と次郎や花子のどちらかが言う言葉に、なんだか虚しさが募ったり。

 

仕方ないから、この何とも言えない寂しさを感じておく。

 

今日は、近所の公園に遊びに行った。こんな何でもない普通の遊具で2人は楽しそう。

f:id:shino-bu147:20160529001344j:plain

帰りにアイスクリームやお菓子を買ってベンチで食べる。宮古島じゃなくてもいい日常に苦笑い。でも安心する。それから宿に帰ってきてビーチに行く。次郎は宿にいると言い、花子は行くと言う。花子と二人乗り自転車で出かける。1番有名なビーチ。さすがに人がいた。私は海に入り、花子は砂場で遊ぶ。沈む夕陽がいつ見てもキレイ。

 

私は何を期待してココに来たんだろう。毎日、三食作って、ダラダラ過ごす。長久手で同じような生活はできたんじゃない?

 

できたんだろう。でも、旅に行くというテイが大事だっだのかもしれない。

 

キレイな海に何を求めていたんだろう?

 

海は何も答えてくれない。ただ、圧倒的な美しさで私を包み込む。

 

もう、何でもいい。

 

そう、思い出した。不安のなかに希望が湧きおこる。寂しさの隙間に優しさが流れ込む。闇に光が射し込むように、いま、私はその光を眺めているんだ。思っていたより眩しくて、しっかりと見つめられない。

 

ただ、光はずっと、そこにある。

 

おウチに帰りたーい!さみし〜よ!みんなに会いたいよー!

 

よっし!これで旅が続けられる。この大きな心の動きにどこまでも素直に生きていく。しなやかにたくましく、生きる。自分の弱さを受け止め可愛がりながら・・・。

 

というわけで、やっと、旅が始まったような気がしている。