読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「いまを生きる」勇気

三児の母。不登校児を連れて宮古島へ旅に出たり、大きなイベントを企画したり。その度に自分の弱さをみつける。そんな私の「成長しない」日々を綴る。

大切な人がくれた、大切な時間

一年前、彼女は身体から離れた。お通夜前日、手を合わせに行った。身体はあったけど、彼女はもういなかった。綺麗な満月の夜だった。

f:id:shino-bu147:20161005134538j:plain

彼女との付き合いは長く、たぶん、そうだな。18年?くらい。当時シングルマザーで2人の子どもを育てていた彼女は、その後よき出会いがあり結婚し、子どもを授かり、さらに年月は経ち、孫が産まれておばあちゃんにもなった。

 

彼女の病気がわかり、気遣うことが増えて初めて彼女の人生に触れることとなった。苦しい環境の中で子ども時代を過ごしてきたと。

 

彼女がこの世から離れて一年が経った。近しい人たちだけで持ち寄りご飯会。賑やかな一周忌。「笑って過ごしてほしい」と彼女の願いは今もなお守られている。

 

そんな中、10歳から知っている現在二児の母である彼女のムスメと話した。ムスメは闘病中の苦しい母を、家族を、ずっと支えてきた。自分もいつだって崩れてしまいそうになるのをこらえながら。今は、母の代わりに家族に笑顔を振りまき、毎日家事を担っている。ムスメは私にこう言った。

 

「いつも甘いミルクの入ったカフェオレじゃなくて、時々ブラックのコーヒーが飲みたくなる、みたいな。」

 

今の幸せな家庭環境と、母が育ってきた家庭環境をこう表現した。ずっと苦しかったんだろう。母を愛しながら、母の生い立ちを愛せないのは。ずっと恐れていたんだろう。母の苦しみを自分が背負っているような気がして。

 

そうして、言った。

「両方、大事だなって思えたんだ。」

スッキリした、美しい笑顔で。綺麗な満月みたいに。

 

ねぇ。あなたのムスメはすごいね。あなたの苦しみを解き放ってくれたよ。いや、一緒にそれをしたのかもね。だから、安心してね。あなたの家族はあなたの愛情に満ちて生きてる。肉体はなくとも、愛の循環は続いている。すてきなことだね。

 

私は何にもしてやれないけど、何にも必要ないみたい。

 

私のblogを楽しみにしてくれているムスメに捧ぐ

「今日は西野じゃないから(笑)」