読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「いまを生きる」勇気

三児の母。不登校児を連れて宮古島へ旅に出たり、大きなイベントを企画したり。その度に自分の弱さをみつける。そんな私の「成長しない」日々を綴る。

新しいイベントのカタチ①

描き出さなくては。あの、イベントのことを。

いきさつからイベント後のことまで語ると、一冊の本ができちゃうんじゃないかってくらいエネルギーを注いだ、あのイベントのことを。

 

みなさまのおかげで、2/5(日)、大きなイベントが終了したしました。事故・怪我もなく、参加してくれた方々からは多くの反響をいただき、こちらの予想を越えた感想が届いていることに、正直驚きを隠せません。

 

500人(うち子ども100人)もの、参加者を2ヶ月あまりで集めたのですが、いろんなおもしろい条件が重なり、今までにない人の集め方をしたんです。まー、これがよかった。いろいろ語りたいのですが、順番に。

 

⑴西野さんを長久手にお招きしたかったワケ

⑵コミュニティ形成のイベントづくり

⑶イベント計画段階で、発揮した力

⑷イベントを開催するにあたり、気をつけた“ない”こと

⑸ゲスト選びと参加者選び

⑹当日の参加者の動き

⑺イベントの後で・・・

 

こんなことを順番に語って行きます。

 

今日は、私の素性を。

 

【佐藤しのぶ】

1974年生まれ。長久手市在住、3人の子どもと夫と5人暮らし。名古屋生まれ・在住だったが、現長久手市長・吉田一平さんが市長に就任したことで長久手に移住する。

 

独身時代から働き始めていた学童保育所では、3回産育休をとりながら働き続けていたが、昨年4月退職する。小6長男は自由教育「かつやま子どもの村小中学校」に通い、小2の次男は現在不登校。昨年5月に「いつ帰るかわからない」と言い残し、次男・長女(4歳)を連れて、宮古島へ旅に出る。40日間くらいで帰宅。

 

旅の区切り、新しいスタート - 「いまを生きる」勇気

 

その後、自身の内面で起こるいろんな気持ちに向き合い、絶望感をしっかり味わい尽くしたところで「西野亮廣」に出会う。

 

新しいイベントのカタチ② - 「いまを生きる」勇気

f:id:shino-bu147:20170211222011j:plain